リサイクルを生活にも生かしてみよう

皆さんはリサイクルについてどの程度知っているでしょうか?
大多数の人々は非協力的なので知らないかと思いますのでこの場を借りて紹介したいと思います。

リサイクルとは

簡単に言えば古いものを新しいものに変えようとする考え方です。
例えば食欲がそそるインスタントラーメンの容器を一度資源に返して皆さんの役に立つものはないか?と色々な物を試行錯誤しながら作るという概要になっているかもしれません。

何故必要なのか?

何故必要なのか?そのような事をして今の時代は地球温暖化の時代だから気休めにしかならないのでは?と思う人は居るかもしれませんがそれは大きな勘違いです。
中国から来ている黄砂や竜巻が日本に接近しているのは環境破壊が引き起こした所為と言っても過言ではありません。
もっと詳しく言うなればこれまでに皆さんが資源をぞんざいに扱い片付けもしないで街中に放置していた所為です。
確かに今は、もう手遅れですがこれ以上悪化しないようにダイオキシンなどが発生するのを防いでいます。

3つのR

1つ目のRは先に述べた言葉です。
2つ目のRはReduce(リデュース)で3つ目のRがReuse(リユース)です。

リデュースは何かと言いますと増えすぎてしまった資源を減らすことを言います。
どういう事かと言いますとこの国は今やゴミ大国です。
これ以上ゴミが増えてしまうと溢れかえってしまい人が踏み入る足場がなくなってしまうかもしれません。
なのでこれ以上増やさないようにします。

例えばスーパーで購入した弁当箱の容器や豚肉が入っていた紙パックは食べ終わったらどうしますか?
殆どの人が台所に放置するでしょう。
それではいけません。
キッチリとカレンダーでゴミの日を確認して燃えるか燃えないかも確認したうえで正しく分別をしないといけないのです。

続いてリユースですが何回も繰り返し同じものを使用します。
人間は次々と新しいものが発売されたらお金のことは気にせずに購入します。
すると古いものは邪魔になるだけですから捨ててしまうのです。
例え愛着がある物だとしても何の躊躇いもなく捨ててしまうのです。
それは如何なものでしょうか?
新しいものが発売されたら購入してしまう気持ちは分かりますが、その気持ちは抑えるようにして古くても使えるものならば使えなくなるまで捨ててはいけません。

比較的簡単な例を挙げるとおもちゃやテレビゲームでしょうね。
おもちゃはどんなに色が変わろうが古かろうが壊れるまでは遊んで下さい。
テレビゲームもカセットに息を吹きかけてセットして電源がつく位ならばまだまだ遊べますので壊れるまで遊びつくして下さい。
ものは大切にという習慣をつけておきましょう。

 

エコに優しい生活を送りましょう

我々は満足にエコ生活が出来ているでしょうか?
多分できていないと思います。
コンビニで購入したスポーツドリンクは飲み干せばゴミ箱に入れずに放置したりティッシュペーパーの無駄遣いなどをして環境破壊の手伝いをしているかもしれません。

そのような人たちはきっと誰かが片付けてくれるだろうという安易な考えを抱いていると思います。それは大きな間違いです。
自分が生まれてきた地球なのですから誰かに頼らずにエコに優しい生活を送りましょう。

とは言っても簡単には出来ないと思います。
なので今から比較的簡単な方法を紹介いたします。

まずはスポーツドリンクですが飲み干したら捨てずに使い回しをすると良いです。
容器を水道水などで綺麗に洗い流します。
この時に家族も口をつけている可能性が高いですからキチンと煮沸消毒も忘れずにして下さい。
このようにすることで食パンに塗るジャムを入れることができたりタレなどの容器の完成です。

続いてはティッシュペーパーですが布類に当たるんですね。

布類は調味料とうっかりこぼしたときに使用するふき取りに利用することが出来ます。
使い方としましてはまず洗剤を2、3滴ふりかけるだけです。

すると中々こびりついて撮ることの出来な洗面台の垢や電子レンジの汚れが取れる事でしょう。
更に選択しても服についたカレーのルーは中々取ることが出来ません。
ですが、この汚れも先に述べた方法ならば簡単に取ることが出来るのです。

他にも自宅にある物で再利用できるものは沢山あります。
ですからそのようにしてエコ活動に励んで下さい。

持続性サイクルは続きます シアリス剤